室蘭清水丘高校 東京同窓会

組織と主な活動

東京同窓会は、次のような事務局を運営の拠点として、年間の日程にしたがって活動しています。

事務局: 事務局役員と組織:会長、副会長、事務局長、総務部、事業部、広報部、会計部

幹事:各卒業期ごとに代表の数名が参集して、同窓会の運営方法などを話し合い、総会に諮る作業をしています。

主な年間日程:1月下旬(正副部長会)、2月第二土曜日(幹事会)、7月第二土曜日(幹事会)、10月第一土曜日(総会)、11月(会報発送)

東京同窓会の沿革・実績

第一回目からの総会実績の情報です。Acrobatreaderで表示可能です。

  東京同窓会の総会実績表[PDF:60KB]

総会準備の『バイブル』

2002年の総会幹事を承った際に、当時事業部副部長を担当されていた16期の先輩から、準備マニュアルを渡されました。それまでは、口述などで大先輩が苦労して段取りされていたこと、注意すべき事が伝えられていた内容を、当時はパソコンではなくワープロでまとめられた苦心作でした。
しかもこの先輩は癌との戦いの真っ最中、7月の幹事会後も体調が思わしくないのにも関わらず、幹事たちの打合せの場に出席され、「このマニュアルにそってやれば大丈夫だよ」と痛みを表に出さずに接して頂きました。これは、その後先輩の他界と云うショックな出来事でこの事業部の担当を引き継ぎ、いわば『バイブル』で先輩の遺稿となりました。
事業部でこの内容に準じて、負担の軽減や同窓会出席の皆様の便宜のため、多少の変更や改善は行われていますが、基本的考え方、行動規範、網羅すべき項目は普遍だと考えています。
従ってこのマニュアルを、学年幹事になられた方はぜひ一読ください。ポイントは各ページにあります。

東京同窓会の内部部活について

同窓の皆さんは、それぞれ同じ趣味などの共通項で、定期的に集まられて様々な活動をしておられます。
特に登録制などはとっておられないようで、自由に参加したり、お休みしたりの活動です。主な活動をご紹介します。

◎囲碁部:奇数月の第三土曜日に新宿の碁会所に参集して、自慢の腕を対戦で確かめておられます。

◎ゴルフ部:年間数回、近県でコースを予約して、数パーティーでプレイを愉しんでおられます。

◎ワイガヤ会:年末に近くなると有志が集まって、口角泡を飛ばして議論しながら、そしてお酒も嗜んでおられます。

◎その他、音楽をキーワードにした活動をされているグループもあり、ライブ活動や発表会など積極的に活躍されておられます。